新エネ合は申請前に3社見積もりが必要

 

新エネ合の申請には、
事前に3社見積もりが必要になる。

その中で
最も安い設備費用の1/3が補助金額になる。

当然、発注先は、
工事費を含めた総事業費の最も安い業者になる。

なので、

補助金額を決める見積もりと、
実際に発注する見積もりが異なる。

という怪奇現象が起きる可能性がある。

一般的に、
設備の購入費は、製品カタログや定価が
公表されている場合もある。

オープン価格になっている製品でも、
ネットで調べると値段がわかる。
しかし、
工事費や運搬費は、現場によって異なる。

特に、最近は人手不足であり、
工期に制限があれば、工事費が高騰する。

申請前に見積もりを取る時に、

補助金を活用した事業を計画しており、
国の指定した期間に工事を完了する必要がある
という事を伝えておくべきである。

実績報告については、従来より
簡素化されている。

しかし、それ以外の点では
あまり、作業の負荷は減っていないと思う。

そして、対象設備は次の
8項目となっており、

それぞれエネルギー計算のマニュアルが
用意されている。

スライド2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。