「新エネ合」補助金を活用した営業戦略

昨日は、
中四国一の技術商社である
ライト電業様の依頼で、

「補助金を活用した営業戦略について」

の勉強会を開催した。
http://www.e-light.ne.jp/

RICOH IMAGING

RICOH IMAGING

参加メンバーは

製造業の現場に営業されている方々だ。

工場の制御機器やFA(自動化)
の知識はハンパない

しかし、

補助金の事は知っていても、
補助金の事務手続きについては
ほとんど、知識が無い。

今回は、補正予算の新しいルールで実施される

「新エネ合」

を活用して、

LED照明とFEMS(工場のエネルギー管理システム)
を販売する場合の流れを説明した。

補助金を活用した設備機器の導入や更新を
提案する場合、

最も重要な事は、

スケジュールを遵守する事である。

今回は昨年のような先着順ではないが、
公募期間は4/22まで、

少なくとも、前々日までに

書類を作成し、
手続きを完了しなければならない。
そこから、逆算して計画を立てる。

もともと、
工場を訪問されている営業マンの方々なので、
情報提供が仕事である。

普段から、客先の要望を把握していれば、
タイミングよく、補助金の情報を提供できる。

補助金は

国がお金を出すバーゲンセールだ。

普段から、
欲しい物をリストアップしておき
そのチャンスに購入する。

補助金の公募が始まってから
営業していたのでは、間に合わない。

営業マンにとって悩ましいのは、

お客様が補助金を当てにしてると、
なかなか、他の時に買ってもらえない。

そして、採択されなかった時の「逆恨み」

しかし、

 

採択され、
補助金をゲットできた時は

担当者も手柄を立てるし、

なにより、

客先の会社に利益が出る。

そうすれば、
絶大な信頼関係を築く事ができるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。