来年度の省エネ補助金は4月スタートの根拠

先週は福岡からマレーシアへ
現地調査に出かけたので、
本日は久々の広島オフィスである。

帰ったらamazonに注文していた充電器が届いていました。これで世界中どこでも行けます。

弊社には、
すでに省エネ補助金の申請代行の
依頼が多数あり、

さっそく現地調査の予定を
調整しなければならない。

「3月中に公募があるのでないか」

という噂をしている業者もあるようだが、
今年は補正予算が10月に組まれ、

それは中小企業向けの
「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」
と「IT導入補助金」であって、

省エネ補助金は住宅向けの

「平成28年度補正予算 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)普及加速事業費補助金 」

しかでなかった。

ただし、

「平成27年度補正 中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業費補助金」

が12月22日まで公募されていた。

国の予算は年度予算で
本予算と補正予算があり、

いったん補助金執行団体に委託されると

翌年度末まで事業が行われる場合があるので、
一般の方には非常にわかりにくい。

結論を言うと

3月は省エネ補助金の公募はない

経産省から概算要求が出ても
国会の承認を経ていないと、
事業はできないからだ。

しかし、

来年度のエネルギー合理化の補助金は
4月中に公募が開始されるかも。

先にSIIを選ぶための公募があるので、
実施はその後ですが

昨年は6月になったのは、
SIIが補正の事業で忙しかったためで、
今年度はこれがない。

省エネ補助金の申請をお考えの方は、
早めに準備した方がよい。

一部のメーカーには、
経産省から事前に公募時期について
予告があるようだが、

正確な公募の内容は
公募開始になるまでは、
ハッキリしないので注意が必要だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。