SIIエネルギー合理化補助金 設備区分の採択率は60%

金曜日は中国経産局の
省エネビジネスマッチングセミナーに参加した。

朝一発目は
経済産業省のプレゼンが行われた。

その中で

今年度のエネルギー合理化の
事業所単位の採択率は40%

と言われた。

そして、

設備区分の方は60%

だそうだ。

25日 月曜日は中国経産局の3号館1階で発表します。

それは、
想像したよりも高い割合だった。

弊社が支援した案件は

設備区分のLED照明単体は
ことごとく厳しい結果になった。

おそらく、
設備の種別ごとに予算が設定されていて

LEDは申請が多いので、
不採択になる件数も多いのだと思う。

やはり、

空調設備や給湯設備、
モーターの省エネが狙い目

なのだろう。

これからは

LEDは補助金を使わないでもやる。

もしくは

空調設備の更新の際に
事業所全体の省エネ率を高めるために

LED照明に変える。

という戦略が望ましいだろう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。