LEDで補助金をゲットできる必殺技

昨日は、広島大学で

電力見える化システム

の現地検証を行っていた、

このシステムは

広島大学の中央図書館で
環境省の補助金を活用して

空調設備の更新

を計画した時に
補助金新申請の要件に

エネルギーの計測

が義務付けされていて

図書館の内部も素晴らしい

大学施設であることから

CO2排出量の抑制を見える化して
地球環境の教育へも役立てよう

という意図で提案した。

環境省の補助金は

先進性と波及効果

が最も重要なキーワードだ。

とは言え

CO2削減効果と削減率

が採択の決め手に
なることは周知の通り

そのためには

空調設備と
LED照明を同時に更新する

ことがセオリーになっている。

削減率を
20%以上に引き上げるためには
設備単独では難しいからだ。

省エネ補助金を申請する
事業所のインセンティブは

実のところ

施設の竣工から20年が経過し
空調設備が老朽化しているので
更新したい

というのがほとんど。

その際に
省エネ補助金を申請しても

省エネ率が
高くなければ採択されない

そこで
読者にだけに特別な情報を

昨年まで

LED照明の調光機能の追加は、機能の追加として認められなかった(補助対象外)が、
今年のエネ合では、調光機能は省エネ設備として、その効果も含めて、補助対象になった。

調光機能は、
明るさを調整し、
暗くすることで節電する。

経産省は、
昨年までは
これを省エネ効果と認めていなかったが
今年は認識を改めたようだ。

こうなると
LEDの節電効果は50%以上になる。

省エネ補助金は

LED照明とセットで申請する

と絶対に有利だ。

省エネ設備への更新をお考えの方は
グリーンテクノロジーにご相談ください。

年間20件以上の
補助金を支援しています。

ノウハウいろいろありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。