事務所・店舗をターゲットに省エネビジネスはじめます

東電の資料によると

電力の契約数は全国で8,400万あるそうだ。

 

その中で、500kwh以上が大口需要家

50~500kwhがBEMSアグリゲーターのターゲット

 

それ以下は従量電灯Aなどの小口の需要家である。

 

それぞれの割合はわからない。

 

私が地球温暖化の推進計画のお手伝いをしていた2000年ごろは

契約数のデータが公表されていたと思う。

 

その後、電力自由化で公表しなくなった。

 

電力は、ほとんど公共事業みたいであるけど、自由化されているので、契約数を公開しなくても良いのか?

 

顧客情報はプライバシーで守られているのか?

 

いずれにしても最も多いのは小口の需要家である。

 

オフィスの省エネをビジネスにできるか?

 

飲食店の省エネをビジネスにできるか?

 

両方とも1年前の自分が否定してきたことである。

しかし、これにチャレンジできる秘密兵器があった。

 

これから誰もやっていない分野に挑戦する。

 

誰に話しても無理だと説教されるだろう。

 

 

とりあえず明日のセミナーで話してみよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。