低炭素機器導入事業の公募


6月28日に SII(環境共創イニシアチブ)が執行機関である省エネと省電力の補助金の公募が終了した。

これからひと月ぐらいで、
申請書についてのチェックがあるので、我々も、いつ電話されても、対応できる体制にしておかなければならない。

そして、
8月中には採択結果が発表になる。

国の補助金は、春先の一か月程度の公募期間中でないと、受け付けてもらえない。

それ以降は、二次募集を待つしかない。

☆過去には4次募集まで実施された補助金もあった。

しかし、
人気のある補助事業は、そのほとんどが一次募集で終了してしまう。

啓発活動を広告代理店にまかせていいのか?


ところが


環境省のCO2削減ポテンシャル診断を受診した事業者だけが申請可能な補助事業である、低炭素機器導入事業については、当初から2次募集が予定されている。

それは、8月までに診断を受診した事業所でも同年にハードの補助金が申請できるようにするためだ。

1次公募 2019年4月26日(金)~5月31日(金)17時必着

2次公募 


2019年

8月1日(木)




8月30日(金)


17時必着

昨年までにCO2削減ポテンシャル診断を受診されている事業者の方は
この2次募集に応募する準備もしておいた方がいいだろう。

最近の傾向としては、SIIや国交省の補助金に不採択になっても、
この低炭素機器導入事業の補助金に採択になるケースも多い。

この補助金、
昨年度は95%以上が採択された。

ポイントは中小企業は補助率が基本1/2と優遇され、補助金の上限が2,000万円なので、大型の案件が避けられ、比較的小規模な案件でも採択されるのである。


今年は補助率、上限とも微妙に変更になった。


低炭素機器の二次募集を狙うなら、

今すぐ、グリーンテクノロジーにご連絡ください。

西日本限定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。