食品残渣からエネルギーを生み出すバイオマス発電システム

今朝は8時半に仙台駅前に集合して

某所にて
メタン発酵技術を活用した

バイオマス発電システム
の実証プラント

の見学会に出かけた。

このプラントは
飲食店などで出た食べ残し
を原料にエネルギーを作る。

これがエネルギーに

これがエネルギーに

これまでも
同様なプラントは存在したが
従来と比較して、

圧倒的に小型化され
船に積まれるコンテナの
組み合わせで実現している。

 

実証プラントの現場は
まるで火星の基地のよう

img_3582

そして、得られた
熱と電気をコンテナの中の
植物工場に供給している。

ここで野菜を栽培

ここで野菜を栽培

完全循環型のシステムを
目指している。

仙台市のラーメンフェスタでは
こんな取り組みもやったそうだ。

フェスの食べ残しを回収 
発酵ガスで発電

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201611/20161123_12027.html

現在は
家庭から出た生ゴミは
自治体が回収して焼却処分

ところが、
水分を多く含んだ生ゴミは
燃焼させるのに
エネルギーを使っている。

そして、
今や日本の食品ロスは
膨大な量になっている。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-06-22-47-11

食品廃棄物を
エネルギーに変える

もうその技術は
存在する

それが未だできないのは
社会制度の課題の方が大きいのだ。

その課題可決にむけて
自分の経験と
知識を生かしていきたい。

サスティナブルエネルギー開発株式会社

http://sustainable-energy.co.jp/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。