総務省のWi-Fi環境無料化事業

総務省のWi-Fi環境の整備促進によると

観光や防災の拠点等における来訪者や住民の情報収集等の利便性を高めるため、観光拠点及び防災拠点等におけるWi-Fi環境の整備を行う地方公共団体・第3セクターに対し、その費用の一部補助を行う事業を行う。

無線のWi-Fi環境があれば、
電力メーターであるスマートメーター
(30分ごとの電力量を記録できる)から
リアルタイムにデータを取得し、
電力需要(デマンド)を知ることができる。

もちろん、
今のIT技術なら1分ごとの
電力量も把握できるだろう。

しかし、
これを全国に広げるとなると、
ドコモなどの携帯電話の会社が
ぶっ飛んでしまう。

既に、
Line等のネット回線を利用した
無料電話が普及しつつあり、
誰も電話料金を払わないどころか

パケット通信までタダになってしまう。

技術が進化しても、
お金を取るビジネススキームがなければ、
市場を壊してしまう。

そうは言っても、
日本だけが高額な通信料金を
課しているのでは、

外国人が喜ばない。

外人が来そうな観光地だけは、
通信料金をタダにしましょう
という施策になっている。

youtubeの動画を見るのは
ネットワークに負荷を掛け過ぎるけど、
電力データは負荷が小さい。

IoTで使うデータは無料化すると、
世界は変わるだろう。

 「公衆無線LAN環境整備支援事業」補助対象箇所
「公衆無線LAN環境整備支援事業」補助対象箇所
  • 防災拠点:避難所、避難場所、官公庁 等
  • 被災場所と想定され災害対応の強化が望まれる公的拠点
    :博物館、文化財、自然公園、都市公園、観光案内所等

 

▼ 補助金対象となるWi-Fi機器の要件 ▼
  • 固定式(壁面及びWi-Fiステーション等に固着)のものであること。
  • IEEE802.11ac対応であること。
  • 災害時にWi-Fiを制限なく開放できること。
  • 公衆Wi-Fiとして平時利用を兼ねる場合、認証は①による認証、②及び③の認証方式併用のいずれかを採用すること。
    ① SMS連携方式 ② SNSアカウントを利用した認証方式 ③ メール認証方式

 

▼総務省:平成29年度「公衆無線LAN環境整備支援事業」当初予算のスケジュール(案)

平成29年度日程 備考
公募開始 2017年3月
公募締切 2017年4月 公募期間:1ヶ月程度を予定
審査 2017年4月~5月 審査後、財務省実施計画協議を実施
内示・交付決定 2017年6月

資料元:総務省(2017年1月31日公表)
「自治体によるWi-Fi環境整備に関する29年度補助事業について」

 「観光・防災Wi-Fiステーション整備事業」及び「公衆無線LAN環境整備支援事業」について

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/top/local_support/kyouzinkasinsei.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。