広島を代表する銀行に招待を受けました

昨日は、広島を代表する銀行へ、
ビジネスマッチング
(企業と企業のお見合い)
に出かけました。

先方からの声かけであったため、
堂々と紙屋町の銀行本店に車で乗り付け、

 VIP用の駐車場に赤のポルシェを停め、

(会社のポルテのニックネームです)

一階の受付で、
グリーンテクノロジーと名前を告げ、

アポイントを伝えました。

上品で気高そうな受付のお姉さまから
「お待ちしておりました。お二階へどうぞ」
と言われ、

胸に付ける「ゲスト」と書いてある
ネームプレートを貰い
、エレベーターへ。

二階へ到着、エレベーターのドアが開くと、

なんと、そこはまた受付

 

そこにも、愛想の良さと、
気位の高さが同居した女性が立っていました。

再び、グリーンテクノロジーです。と伝えると、
ようやく応接間の方へ案内されました。

見取り図から応接間は8部屋以上あり、

ここでヒロシマ経済界を揺るがすような
重要な会合が行われているに違いないと思いつつ、
案内された小部屋へ入って行きました。

IMG_2167

その場では、
気合いの入ったお話をさせてもらいましたが、

初めての経験で緊張もしました。

グリーンテクノロジーを起業して

苦節9年


ようやく融資以外で
銀行様とお付き合いすることができました。

これからも、
より一層の信頼に応えていきたいと、
心を新たにしました。

さて、会合の場で話題になったのは、
補助金の採択率について、

私が分析する、
採択基準についての
お話を少しさせていただきました。

この具体的な内容については、
公の場でお話することはできませんが、


多くの方が


改修後の省エネ率が
高ければ採択される

 

と勘違いされていると思います。

もちろん、有利にはなりますが、

それは
絶対条件ではありません。

 

 

また、補助金の情報を収集するためには、
業界新聞と各省庁のHPを
毎日チェックする必要があるわけですが、

こんなことは、
誰もができることじゃなく。
普通これをやっていたら逆に
仕事をサボっている
と思われるでしょう。

私と私のスタッフは、
経産省、環境省、国交省、農林水産省と
その外郭団体のホームページを
毎日徘徊しています。

その中から、

設備投資に使える補助金情報のみを


このブログで伝えできればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。