大きな仕事を小さな会社で受注する方法

先週から、
宿泊施設の省エネ提案書を作っていた。

この提案書は

  • エネルギー供給

  • 設備の販売

  • 省エネコンサルタント

の3者による共同作業だ。

しかも、
それぞれが別の場所にいる。

それでも、
電子メールやクラウドサーバー
電話やハングアウトなどで、

あたかも同じ会社の別のフロアーに
居るぐらいの感覚で仕事ができる。

グリーンテクノロジーは

かっては社内のシステム管理者が
メールやファイルのサーバーを管理していた。

でも、小さな会社で、
それだけで、人を雇う事はできない。

今では、

すべてがGoogle Apps

これで、メールサーバーとファイルサーバー

それから

スケジュールの共有

しかし、連絡先の共有はイマイチ

情報共有がメールだけだと
やたらとCCメールが多くなる。

そこで、
プロジェクト管理には

insightly

https://www.insightly.com/
スクリーンショット 2016-02-17 19.51.57
を導入している。

これは案件ごとに
情報共有が可能なシステム。

メールをそのままプロジェクトごとに
リンクする事ができる。

もちろん、TODOのチェックもできる。

プロジェクト管理のシステムは
アメリカ製品が三歩先を行ってますね。

先ほど、

プレゼン大成功の連絡があった。

グッジョブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。