中小企業の経営者で最も多いのは66歳って知ってましたか。

経済産業所の予算書の資料に

中⼩企業・⼩規模事業者を取り巻く状況

というものがあった。
その中の
中⼩企業の経営者年齢の分布(年代別)

66sai

なんと経営者の年齢も高齢化しているそうだ。

一番多い層が66歳

経営者には定年はないが、
同級生のサラリーマンならとっくに定年退職だ。

下請けの会社なら、取引先はみんな年下だ。

そう言えば、
私が所属している経営者の集まりも
70歳以上の方が半分以上。

この頑固ジジイたちの発想を変えないと
地方の中小企業を元気にすることは難しい。

そのためには、

省エネ・補助金で会社を強くする

成功事例を作りまくるしかない。

人間は、歳をとると、
自分で見たモノしか信じなくなりますから。

今日提出する、提案書を作っていたら、
広島市から連絡があり、
指名願いの登録の住所が違うとのこと
昨年6月に移転していたのを届けるのを忘れていた。
口頭で伝えたのだが、文章で出してくれと言われた。
やっぱり文書主義なんですね。
それはいいけど、
こんなことで、失格になったら、
この10日間毎日苦労したことが
パーになるのは勘弁してほしいよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。