勝ち易きに勝つ だけじゃ強くなれない 補助事業にチャレンジしよう

昨日、
広島市のコンペに提案書を提出した。

この事業は、環境省が実施している

地方公共団体カーボン・マネジメント強化事業

%e7%92%b0%e5%a2%83%e3%82%a4%e3%83%8e%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

http://www.eic.or.jp/eic/topics/2016/0721.html

に広島市が採択され
国の補助金を使って、
広島市が事業者を公募している。

1次公募で、お隣の岡山県では、

津山市
玉野市
備前市
真庭市

の4市が採択されている。

ところが広島県は
広島市
のみ

二次募集も実施されたので
予算は、余っていた。

自治体が出せば採択は確実

残りの市町は
申請すらしていないだろう。

ちなみに、山口県はゼロです。

1号の調査業務については、
定額1000万円の補助で、
実質自治体の負担は実質ゼロ

それでも、
応募する自治体が少ないのは

自治体に、ほんとにお金と人がいないのか
この分野に強い公共コンサルが少ないのか

どちらかが原因だろう。

今回の広島市のコンペは

参加要件のハードルがメチャメチャ高かった。

主担当、副担当のエネルギー管理士の
数が審査の対象、
実績は省エネ調査で800万円以上の契約のみ

この時点で、数社どころか、
1社に絞られるんじゃないか。

それでも、
グリーンテクノロジーはチャレンジする。

たとえ、実績点が低いと分かっていても、

戦わないヤツは、
強くなれないということを知っているから。

サッカーの日本代表でも、
所属クラブの試合に出ていない海外組は
イマイチさえない

それは、

日々実戦で戦っていないからだ。

なので、今回は負け戦と知っていても
戦わないわけにはいかない。

ジャイアントキリングを起こしてやるぜ。

俺は勝つときしか戦わない

なんて言ってる人は、
どんどん弱くなりますよ。

中小企業のみなさん、

補助金の申請を諦めてませんか

チャレンジしなければ成功はないよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。