NHK紅白歌合戦から考える補助金に採択されるポイント

大晦日のNHK紅白歌合戦

最後まで見た方は
紅組優勝が決まった時の
紅組の司会の有村架純さんが

「え? どういうこと?」

と驚いた様子に唖然としただろう。

視聴者投票の結果は
紅組「2527724票」と白組「4203679票」。

会場の投票でも
紅組「870票」と白組「1274票」で
白組が優勢だった。

ところが、結果は紅組。

 

これは、
視聴者投票と会場の投票では
それぞれ、2票

特別審査員が11票あって、

審査員も含めた全合計では
「7」対「10」で紅組が優勝

ということらしい。

事前に説明が無かったので、
見ている人どころか、
司会者も訳が分からなかった。

補助金の公募でも

この採点方法が
一番大切だ

これを理解していないと
努力が無駄になる。

革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金

における審査項目は

①適格性

②技術面

③事業化面

④政策面

⑤加点項目

となっていて、
それぞれに対応する部分が
明確にわかるように
申請書を作る必要がある。

初めて読んだ審査員が
どの部分に
対応する文章があるかを

分かりやすく書くことが重要だ。

審査基準を把握して
簡潔な分かりやすい文章で
求められている項目を
図を用いて
説明することがコツだ。

採点項目じゃないことで
いくら頑張っても意味がない

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。