補助金申請業務に最強のITツールをご紹介します

あなたは、
Emailを専用クライアントでお使いだろうか

それともGmailなどのWebアプリですか?

今やビジネスの連絡手段は
Emailがほとんど

メールを使わないのは
銀行員と証券会社ぐらいだ?

専用クライアントだと、
自分のノートパソコンをどこでもいつでも
持ち歩いていないと見ることができない。

一方Gmailだと
スマホやネットカフェのPCでも
情報を見ることができる。

最悪ノートPCを盗まれても、
パスワード管理ができていれば
情報を盗まれることもない。

会社の営業で最も重要な
顧客情報もできれば
Webシステムで共有化したい。

誰が、
いつお客様の会社の誰と会って
どんな話をしたか
共有することはメリットが大きい。

これがができる
日本製の営業支援システムは多い

ところが、
顧客とのやり取りもほとんどEmail

そうなってくると、
いちいち再入力するのは面倒だ

情報共有のために

やたら多くの社内の人にCCを送ると
メール洪水になって、
何がどの案件のメールなのかわからなくなる。

グリーンテクノロジーはgoogleのグループウェア

G-Suite

を使っている。

そしてプロジェクト管理と顧客管理には

Insightly

を導入している。

insightlyはGmailをワンクリックで
案件ごとに保存できるので、

業務の状況や履歴を
グループで共有することができる。

だから依頼者や執行機関からの
問い合わせにいつでも対応可能。

数多くの補助金申請業務を滞りなく
こなすために最強のツールだ。

 

やっぱり

顧客情報管理CRMも
Google帝国の傘下に

なってしまう気がする。

日本でこれ使っている会社は
少ないでしょうね。
ウチが代理店になってサポートしても
いいですよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。