ものづくり補助金の2/3の要件、固定資産税ゼロの特例?

1年前から依頼を受けていた
淡路島の水産加工業者に行くため
徳島のリゾートホテルに宿泊した。

以前、
夏に家族と旅行を計画したとき
このあたりのホテルは一泊4万円

断念したことがある。

ところが、
シーズンオフの今はツインで7千円ちょい

ホテル業界も
時期で値段を変動させる
デマンド方式になっている。

売れる部屋の数が決まっているので
需要が少ないときは安く、
需要が多いときは高くするというやり方だ。

実は、
電力も夏とそれ以外の季節では
料金が異なる契約がある。

今では、
太陽光発電の普及で
夏より冬が足りなくなっているが・・・

さて、
ものづくり補助金である。

補助金の上限が3,000万円から
1,000万円に引き下げられた。

補助率も下げられ、

基本は1/2

しかし、
2/3の補助率になる要件がある。

※¹生産性向上特別措置法(案)(平成30年通常国会提出)に
基づき、固定資産税の特例率をゼロの措置をした市町村にお
いて、補助事業を実施する事業者が「先端設備等導入計画」
の認定を取得した場合の補助率は2/3以内。
※²3~5年で、「付加価値額」年率3%及び「経常利益」年率
1%に加え、「従業員一人当たりの付加価値額」(=「労働
生産性」)年率3%を向上する中小企業等経営強化法に基づ
く経営革新計画を、平成29年12月22日の閣議決定後に
新たに申請し承認を受けた場合の補助率は2/3以内。

この固定資産税の特定率とか
「先端設備等導入計画」とは何か?

http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/zeisei/2017/171225zeiritu.pdf

この制度は
事業所の所在する自治体に依存している。

市町村が対応していなければダメだ。

そして、役所に

「先端設備等導入計画」

を認めてもらう必要がある。

補助金は
ペーパーカンパニーに出せない

それを確認するために、
国は市町村との連携を必須としている。

中小零細でもチャレンジできる

設備投資に係る補助金

のご相談は
グリーンテクノロジーまで

広島と福岡から
西日本全域をカバーします。

グリーンテクノロジーは
メール、電話、弊社への
訪問相談は無料です。

ドキュメントを
作成しない限り
料金を頂きません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。