「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」の事前予告 

近畿経産局から「ものづくり補助金」の予告が発表された。
http://www.kansai.meti.go.jp/5gisin/monohojo/27kouboyokoku.html

我々の補助金申請代行事業は、
たんに書類の作成を代行するサービスではない。

補助金についてのセミナーをやることでもない。

クライアントの補助金獲得のために、
その企業の顧問となり、
プロジェクトマネジメントを行うことである。

特に、地方の中小零細企業は、
業務遂行に必要な最小人員で日々のルーチーンをこなしており、

経営者も、
補助金のためにに多くの時間を割くことは難しい。

しかし、
設備投資をしなければ、競争に勝つことはできない。

設備更新ができなければ、ジリ貧になることは必然だ。

この補助金は、
日本の中小企業を元気にするための、景気対策が主目的だ。

スクリーンショット 2016-01-11 19.56.09

簡単にいうと、

売上向上する経営計画を作成し、
1,500万円の設備投資や研究開発を行うと、
1,000万円を国がキックバックする制度だ。

今年で4年目だが、
ある条件のもとで、補助金額が最高3000万円に増額された。

といっても、
この経営計画や申請書の作成、審査機関とのやり取りは、
かなりの時間と労力が必要だ。

だから、その手間を考えたら、

 

零細企業は、あきらめて しまう。

 

我々は、徹底的なヒアリングを行い。
自力での申請ができない企業をお手伝いする。

ただし、この「ものづくり補助金」は、
成功報酬のみでは受けることができない。

その理由は、
申請書が優秀で採択されても、

クライアント企業の努力がなければ、
補助金を受け取ることができないからだ。

ノーリスクで得たチャンスは

簡単に捨ててしまうことがあるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。