見逃せない中小企業のIT導入に上限450万円の補助金

中小企業生産性革命推進事業



2年前は 中小企業生産性革命は
省エネの設備更新の補助金だったが
枕詞はそのままに、
今回3つの補助事業が実施される。

中小企業生産性革命推進事業
平成30年度第2次補正予算案額
 1,100.0億円


1.ものづくり・商業・サービス生産性向上促進事業
(補助上限額:1,000万円、補助率1/2)

2.小規模事業者持続的発展支援事業
(補助上限額:50万円、補助率2/3)

3.サービス等生産性向上IT導入支援事業
(補助上限額:450万円、補助率1/2)

2年連続で行われたIT補助金は

サービス等生産性向上IT導入支援事業
となり、補助上限額が450万円 補助率1/2

最初は上限100万円の2/3
採択も早い者勝ちで申請が殺到した

昨年は50万円の1/3
予算は1千億円あったものの申請件数が少なく
年末まで何度も募集が続いた。

その反動なのか、
今回は補助上限が450万円

おそらく昨年までと
全く違った要件になると思われる。

いずれにしても、
これらの補助金を獲得するためには
次の条件を満たしておく必要がある。

第一に
過去の決算書を含めた事業計画書の策定

第二に
設備投資と事業遂行のための資金だ。



補助金は、
キャッシュバック制度になっていて

代金を支払った領収書と
振り込み証明書がなければ
交付されない。


投資金額の半分が戻ってくる補助金

勝ち残る経営者は
公的制度を抜け目なく活用している

しかし、
補助金制度は複雑でわかりくく
期限までに要件を満たし、
必要資料を作成しなければなりません。

自力で申請するためには相当な労力が必要になる。

中小企業は本業でリソースがいっぱいで
補助金の勉強に労力をかけることが難しい。

グリーンテクノロジーは
設備投資を伴う補助金申請を成功に導き
企業の収益を最大化します。

ただし、
事業の担当者を決めていただき
打ち合わせに
経営層の方が出席されることをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。