太陽光蓄電バッテリー+LEDライト [エネループ ソーラーストレージ]

パナソニックは、無電化地域(電線が来ていない地域)の生活照明として使用できる

 

LED照明付小型蓄電システム「エネループ ソーラーストレージ」を製品化した。

15G050449_01_880x660

 

 

この製品は無電化地域に夜間の照明を提供するシステムである。

 

 

照明に加えて、携帯電話の充電もできる。

 

途上国でも、携帯電話の普及率は高い。

 

パナソニックの開発の背景も素晴らしい

世界の無電化地域の人口は約15.3億人、
無電化率は全世界人口の約22%(5人に1人)と言われています。
無電化地域の多くでは照明として灯油ランプが使われていますが、
明るさが不十分なだけではなく、
煙による健康被害や火事の危険にさらされているのが実情です。
世界中の無電化地域の人々に、
よりサスティナブルで安心・安全な光を届けることが
パナソニックの社会的な使命の一つであるからです。

 

 

 

 

これがあれば、瀬戸内海の無人島に住むこともできる。

 

そーなんです。

この商品のターゲットは海外の無電化地域です。

 

 

 

日本では、全国どこにいても電線が繋がっていますが

 

電力自由化ということで電力業界が大変なことになっています。

 

 

これから、新電力と既存の電力会社の戦いが始まります。

 

 

 

しかし、本当の敵は「無電化」ではないだろうか?

 

無電化とは「電力会社の電気を使わないこと」であり、

電線を繋がないで電力会社との連携を絶ち、

 

 

自前の発電装置で、自らの電気を賄う。

 

 

そうすれば、電力会社に一切お金を払うことはない。

 

それが、電力会社が一番恐れることに違いない。

 

 

できるできないは別として、例えば

 

 

六本木ヒルズのような巨大なビルディングの地下に

 

発電所があって、自前で発電し、

 

周りに電気と熱を供給したとすれば、

 

今までの電力線ネットワークはいらない。

 

 

グリーンテクノロジーは

 

エネルギー革命の旗手を目指し、

 

あらゆる可能性にチャレンジします。

 

これからのエネルギー業界は、現在では想像もつかない

 

変化が待っています。

 

エネルギーコストが日本の製造業の最大のリスクです。

 

そのリスクを最小限にするために、どんな方法があるのか?

 

地元の企業と一緒に考え行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。