廃タイヤ燃料化の補助金

数日前から

廃タイヤをチップにして燃料する
ボイラーの設置に補助金がないか?

という相談を受けている。

再生可能エネルギー熱事業者支援事業

1次公募はすでに終了

新規事業で実施されたが
太陽光発電が除外されたため、
応募は少ないと思われる。

大昔の天然ゴムであればOKだろうが
廃タイヤはバイオマスに適用されない。

そうなると廃棄物3R研究財団の

廃棄物燃料製造設備設置事業

廃棄物由来燃料製造施設
(油化・メタン化・RPF化等)への設備設置を行う事業

がターゲットになる。

この事業は産業廃棄物処理の許可が必要だ。

廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号)第8条の規定による
一般廃棄物処理施設、又は第15条の規定による産業廃棄物処理施設の設置許可
等を取得できること。ただし、廃棄物の処理及び清掃に関する法律第8条又は第
15条の適用を受けない施設においては、この限りでない

15条の適用を受けない施設とは、

自社工場で排出された物質を敷地内で利用する場合

が当てはまる

有償で購入した有価物の場合も適用できるのか

これは調べてみないと分からない

産業廃棄物処理施設については
県知事の許可が必要であり

住民合意や環境アセスメントなどが求められ

事実上民間企業が新規に取得するのは不可能

いずれにしても
補助金を受けるためには事前にご相談を頂き
その公募が出るまで、
契約書を交わさずに待ってもらうしかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。