東京グリーンビルレポート2015と排出量のしくみ

東京都のサイトに

「東京グリーンビルレポート2015」

 
という都のグリーンビル施策の成果を
とりまとめた報告書がアップされている。
 
ここには、
温室効果ガスの排出量を削減する
対策と効果について書いてある。

東京都では、
2000年度から2012年度にかけて、
16%の削減が行われてる。

東京グリーンビルレポート2015より

東京グリーンビルレポート2015より

ただし、

2011年には東日本大震災が発生し、
それ以降は極端な節電と原発の停止が行われた。

震災後は、
東京の街は昼なお暗という状況で、
街の明かりもオフィスの中も薄暗がりだった。

  しかし、いまでは、
生産性や快適性を損なう極端な節電はダメだと書いてある。

だから、
当時、節電の部分は相当な効果があったと思われる。

一方、発電端の方は、
原発で電力のCO2原単位が跳ね上がったハズだ。

残念ながら、
原単位がどうなったか明記していない。
そこは、
利用者側にはどうすることもできない数値ということで、
従来の固定値を使って計算したのかもしれない。

このように、

地域別の温室効果ガスの排出量は、
電気などの二次エネルギーを
最終消費者の排出として計上する

 

そのため、

地域の努力よりも、
電力会社の按配で決まる部分が大きい。

2011年度以降は、
太陽光発電が大幅に増えているハズなので、
この影響はどうなっているかを調べる必要がある。

一般論としては、
同時に石炭火力発電所も増えたので、
原単位は悪くなっていると言われている。

温室効果ガスの排出量は、
2012年度以降に
大きな変化が起きているハズである。

統計データがまとまるのに数年かかる
ことは理解できるが、

2015年度の報告書のグラフが2012年度までなのは
タイムラグがありすぎる。

本当に重要なのは昨年のデータだ。

昨年は、
夏の昼間のピーク時には、
太陽パネルの増加で発電量に余裕がでてきている。

しかし、

冬場は太陽パネルと電力需要のピークは一致しないので、

いったい、どうなっているのだろうか?

冬の電力不足が懸念される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。