エネルギー設備管理システム構想中

金曜日の3月30日は
平成30年度の年度末

グリーンテクノロジーは
東広島市の水道局の
GISシステムの仕事を受けていた。

現在は

設備投資にともなう補助金申請

がメイン事業である。

しかし、
私はリーマン時代は

公共向け環境コンサルタント

GIS(地理情報システム)

の仕事に熱中した時期があり
当時は最新のGISを使って

自然環境GIS

下水道管理GIS

不法投棄の現況マップ

江戸時代の植生図作成

など、
様々な地図システムの仕事をやった。

会社を辞めて独立してからも
担当していた業務を
自分の会社で引き継いでいた。

専門的過ぎて前の会社で引継ぎできず

その一つが
東広島市の水道業務のGISだ。

その日は、
市役所の部長さんの定年退職の日で

その最後の業務が

グリーンテクノロジーが開発した
管路の管網解析システムの操作説明

なかなか感慨深いものだ。

いつか、またGISを
仕事に生かせるようにしたいと思い

エネルギー
設備管理システム

設備の配置を図面に登録可能

を構想中である。

GISはエネルギー合理化の
図面作成に最適

 

図面とリストと
写真をリンクできる。
ただし、
ソフトが一本40万円もする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。