松山刑務所から脱走した受刑者いまだ捜索中

まだ捕まっていないようだ。

愛媛、広島両県警は11日、潜伏先とみている広島県尾道市・向島の山林や空き家などの捜索を続けた。ただ島内に空き家は千軒ほどあり、所有者の許可なく立ち入れないため確認作業は難航している。

向島は本州尾道市街から
南に約300m幅の尾道水道を隔てた位置にある島

島に逃げているということは

船を使うか、
海を泳がない限り島外にはでれない。

警察は島外に
逃がさないように警戒しているようで

逃走犯潜伏の可能性がある
尾道市向島では検問により各地で渋滞

になっている。

しかし犯人は窃盗のプロ
既に、犯行の形跡もあるようだ。

瀬戸内海にある島は
昔は海上交通の要所で
栄えていたところが多いが

いまでは

ほとんどが過疎地

広島市内にも
島の出身者は多い

すでに実家が空き家に
なっている方も多いだろう。

こんな状況は
日本の至る所にある。

国の一義的な役割は

国民の生命と
財産を守ること

空き家でも
持ち主の許可なく捜査できない

という法律があるとしても

超法規的措置で
対応すべきじゃないか

最新の情報技術を使えば
IoTの無人カメラで
監視することもできるハズ。

 

これを阻害しているのは
日本のWiFiの料金が高すぎること

税金でネット接続を
無料にできるハズ

さすがに今日は捕まえないとマズいだろう
広島と愛媛の県警に頑張ってもらい

一刻も早く
住民の方の安全を確保してほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。