低炭素型廃棄物処理の補助金でリサイクル事業の可能性調査に2/3の補助金


公益財団法人 廃棄物・3R研究財団
( 前身は財団法人廃棄物研究財団 )は

かっては廃棄物に関する
企業の業界団体で

循環型社会の形成のための
研究機関として活動してたイメージだ。

自治体の廃棄物の仕事をやるなら、

この財団の会員にならないとダメ
という雰囲気があったと思う。

ところが、

昨今の補助金ブーム
(ここ10年で爆発的に増えた)
により、

環境省お抱えの
補助事業執行団体となっている。

廃棄物・3R研究財団が執行団体の補助金

実に多くの
補助事業の執行団体になっている。

そして、
一昨年の
中国の廃プラ輸入禁止措置により、

国内の廃プラの処理が滞り、
日本中に廃プラの山ができる
という事態になっている。

それを受けて、

リサイクル関係の補助金も

5倍モード

になっているのである。

私は、
前職では廃棄物部門が幅をきかしている
環境コンサルで技術者として働いていたので、

それなりのスキームは理解しているし、

補助金申請も大得意であるが、

先日の経営者の勉強会で、
2年ぶりにお会いした業者の方が

補助金なしで、
2億円でプラスチックの処理装置を購入した。

と聞いて、
がっくりすると同時に、

我々のマーケティング力のなさに、
深く反省したところである。

グリーンテクノロジーは
マーケティングチームを作って
これからは、どんどんPRしていきますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。