井村教授の最終講義(名古屋大学)を拝聴

今週金曜日に名古屋駅のマリオットホテルで、私の恩師である井村先生の最終講義が行われた。先生は、定年による退官であるが、その後も大学で継続するプロジェクトなどを担当するとのことで、さようならというわけではない。

左から松本先生(北九州大)中島さん、柴田くん

左から松本先生(北九州大)中島さん、柴田くん


私は、九州大学で井村先生の研究室に配属され、そこで環境システム工学を学び、地球環境問題を勉強するようになった。
当時は、CO2の排出量の話をしても、役所の方も、企業の方もなんの関心もなかった。卒業論文のテーマとしてLCA(ライフサイクルアセスメント)の研究に取り組み、卒業後も優秀な仲間のおかげで、土木学会賞を受賞することができた。
もちろん、今の仕事も井村先生との出会いがなかったら違っていたと思う。

ところで、今年は夫婦で技術士の試験にチャレンジした。筆記試験に合格し、東京の面接試験では、同じ苗字なので、私は妻の次で、試験官に同じ会社ですか?と聞かれた。発表まで、ドキドキであったが、二人とも合格で夫婦円満になった。それより妻も井村先生の研究室の出身なので、先生に良い報告ができてよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。