グリーンテクノロジーが目指す再生可能エネルギー文明

今日は、入社希望者に会社説明を行った。
この一ヶ月、ビジネスについてもいろんなことを考えていた。
我々の目指すところはなんだろうか?

自分は、地球温暖化問題をメインテーマにエネルギー施策やCO2削減のことを20年間研究し、それをビジネスにしてきた。今回の震災は、これまでの再生不可能なエネルギーの終末ではないだろうか。

ローマも古代中国文明も森林破壊により、エネルギー不足で滅んでいった。
江戸時代は、木をエネルギーにしていたので、幕末には日本中の山は禿山だった。
坂本龍馬が蒸気船で五平太(石炭)を使って、エネルギー革命を起こした。

夏は毎年よさこい見に高知に行きます。

夏は毎年よさこい見に高知に行きます。


それから150年、化石燃料を経て、原子力に夢をのせた。無限のエネルギーの可能性があった。

多くが失われたが、全てがなくなったわけではない。
残りの原子力が使える40年以内に、再生可能エネルギーだけで文明を再構築すればよい。

グリーンテクノロジーは2050年まで続く、人類の存亡をかけたエネルギー革命に貢献していきたい。
そのために、何ができるのか。
心の中にその設計図はある。

今は、それを実現できるだけの力を貯めていくことが重要である。

★社名を「環援隊」にしようといったら、社員全員から反対された。去年は龍馬伝にはまっていたからね。

去年は竜馬をテーマにした衣装が多かった

去年は竜馬をテーマにした衣装が多かった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。