エコアクション21CO2削減プログラムでサクッと認証されるには

今月初めに
地元広島の産業廃棄物業の方から

エコアクションを取りたいので
手伝ってほしい

と依頼があった。

グリーンテクノロジーは

8年前に中国CGC

http://www.cgcjapan.co.jp/index.php

の加盟店に

エコアクション取得のため
データベースシステムを
開発し販売した。

このシステムは

電力量などのエネルギーデータ
種類別の廃棄物の量、
リサイクルの量を入力して

エコアクションに必要な

環境への負荷の状況(取りまとめ表)

を作成し

かつ

省エネ法の定期報告書や
食品リサイクル法の報告書など

役所に提出する報告書を
自動作成するシステムだ。

環境省が普及を後押ししてきた

簡易版の
環境システムの認証制度

エコアクション21

10年前は、
ISO14001に比べて

中小企業や零細企業でも
取り組めるというのが

キャッチフレーズだったが

監査人が大企業出身者ばかりで
だんだん要求が厳しくなって

中小企業では
対応が難しくなり
せっかく取得した企業も

数年でやめた

という話をよく聞いた。

エコアクションやめても
グリーンビズは
ずっと使ってもらってます

環境省は

再び普及に力を入れる。

なんと

すべて無料で
認証まで支援

するようだ。

Eco-CRIP では、支援相談人と相談しながら、業種・業態等の実態やニーズに応じて、ステップ を柔軟に組み合わせながら、最適の支援を受けることができます。

しかも

審査する人が
指導までする

試験問題を作る大学の先生が
受験勉強の指導もしてくれる

みたいなスキームだ。

今回はクライアントに
この補助制度を利用することを勧め

弊社のグリーンビズを

産廃業向けに
カスタマイズして提供したい。

グリーンビズは自社開発であり

カスタマイズすることで
クライアントの望む形式で
出力ができる。

環境問題を
情報技術で解決する

それが
グリーンテクノロジーのミッションだ。

グリーンビズについては
弊社にお問い合わせください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。