天然資源はリスクと隣り合わせ

以前、NHKで世界のこれからのエネルギー事情に関するドキュメンタリーをやっていた。

その中で、日揮の天然ガスプラントの話が出てきた。番組のテーマは非常に困難なプロジェクトを日本人がうまくマネジメントしているということであった。

とても素晴らしいと思ってみていた。

これからのエネルギーは石油から天然ガスが主流になる。
天然ガスは液化しなければ運搬することができない。
そのため、日本のプラントメーカーが重要な役割を担っている。

今回のテロ事件で今後どのようになっていくだろうか。
中東からのエネルギー輸入が心配である。
やはり、原子力に回帰していくのだろうか?

エネルギーは人間に必要不可欠ものである。
再生可能エネルギーが実用化されない限り争いは終わらない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。