経営者に連休はない CO2ポテンシャル診断の申込受付中

今年のGWは10連休で
補助金コンサルタントの
グリーンテクノロジーにとっては

公募期間が
連休前か連休明けか

が非常に気になるところであった。

ものづくり補助金の公募期間は

2019年2月18日(月)~
第一次締切:2019年2月23日(土)【当日消印有効】
第二次締切:2019年5月8日(水)【当日消印有効】


平成30年度補正「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の公募について(2019.2.18 全国中央会)

https://www.chuokai.or.jp/hotinfo/mh_koubo20190218new.html

となっていて、応募する事業者は
GW連休に申請書を書き上げなければならない。
経営者に連休はない。(´;ω;`)という前提か?   

省エネ補助金の大本命のSIIの補助金の方は


平成31年度「電力需要の低減に資する設備投資支援事業費補助金」の概要・スケジュール等は詳細が決まり次第、SIIホームページにて公表予定です。

現在もこの状態で、
公募開始は最終の説明会の5・23の後になるだろう。

SII
この数年で最も成長した企業のひとつ

以前は、公募開始後に説明会をやっていたが、
先着順に採択としたため、
説明会の日程が後ろの地域が不利になり、
その後は全国の説明会が終了して公募開始になっている。

公募期間が遅れると、採択も9月になる。
今年の夏は小中学校のエアコン工事で業者が足りないらしい
そんな施工業者の事情も考慮されているのかもしれない。

CO2削減ポテンシャル診断事業の公募期間


2019年4月26日(金)~6月28日(金)17時必着
ただし、「2019年度(平成31年度)低炭素機器導入事業」の2次公募に応募予定の場合は2019年5月31日(金)まで

GW明けは、
環境省のCO2削減ポテンシャル診断の営業活動

この事業の受診事業者(補助金申請者)は
環境省も募集しているが

基本的には診断機関である事業者が
受診希望者を見つけることになっている。

既に公募が始まっている。
この診断を受けた事業所のみ申請できる
低炭素機器導入の補助金は

中小企業の補助率が1/2で
補助金の上限が2,000万円(補助対象が4,000万円)

大型案件がないため、

とても採択されやすく
中小企業にとって最も魅力的な補助金になっている。

設備投資を伴う補助金のご相談
代理申請のご依頼は 
グリーンテクノロジーのホームページからどうぞ
グリーンテクノロジーの診断業務は

全国対応しません。
西日本(名古屋より西なら)どこでも行きます。

https://www.green2050.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。