地球に優しい「千石の郷」はバイキングも最高

福岡のお客さんとの打ち合わせのため、
昨晩から車で福岡に移動して、万葉の湯に泊った。

ここは、駐車場がある巨大な温浴施設で、
寝ることもできる休憩室がある。

私は、このような施設に来ると省エネの余地がないか、
アチコチ見回るようにしている。

一般的な自動ドアはシングル構造で、
人が出入るするときに外の冷たい空気が入る。

ここは、1階に入り口があり、そこからエスカレーターで上がり、
2階に再び自動ドアがあり、そこから受付に入っていく。

実質的に2重ドアになっていて、外気の進入は最小限になっている。

なぜか、入り口の外に入湯税を払うための自動販売機があり、
一人150円を払う。

館内は全て暖房されているので、浴衣か作務衣ですごす。

この点は、部屋ごとに個別空調をつけているホテルよりも、
快適で、かつ一人当たりのエネルギーでは、より少ない。

しかし、
温泉は24時間の大浴場があるので、
消費エネルギーの大半はこのお湯を作るエネルギーである。

源泉の温度は何度なのか、重油炊きのボイラーなのか、
ガスやで電気温水器なのかなどが、気になる。

ちなみに、
広島の「ほの湯」は中国電力の経営なので、深夜に電気でお湯を作る

休憩室は、いろいろな種類の部屋があり、
巨大スクリーンで映画を見れる部屋や
リクライニングシートで専用テレビのある部屋、
マットがある仮眠室などがある。

すべて雑魚寝なので、他人のイビキが気になる人用に耳栓も売っていた。

非常に快適で、リゾートに来た気分だが、一つ注意が必要だ。

それは、館内の飲食代金が大変高いことだ。

生中のビールが600円なのは許容範囲だが、
ザクザクきゅうりという、
きゅうりを切って塩昆布をふりかけた小鉢が490円だった。

翌日の朝食も、バイキングかと思いきや、
おかず一つ一つに値段が付いていて、
好きなものを取った後に精算する仕組みだった。

この方式の朝食は私も初体験で、
連れのほうは、ウィンナーを3本取ったら、1本190円だった。

油断したら朝食から確実に、2000円コースだ。
(もちろん飲食物の持ち込みは禁止)

スクリーンショット 2015-12-18 16.24.40

さて、今回の出張の目的は、SIIの補助金を受けて、
省エネ改修、1年後に提出する実績報告書の件である。

SIIの補助金を受けると、その年度内で工事を完了し、
確定検査というものを受け、
1年間エネルギー使用量をモニタリングして、
申請書の計画値を守れているかを報告しなければならない。

今回のお客様は、
福岡市早良区の「湧水 千石の郷」という温浴施設の
ボイラー改修工事の省エネ事業である。

今月までの実績を見る限り、
省エネ率18%をクリアできそうである。

「湧水 千石の郷」はとてもエコな施設なので、
皆さん地球温暖化対策のために、絶対行きましょう。
http://www.sengokunosato.com/index.html

ここのバイキングは日本一と評判なので、
値段を気にせず食べられますよ。
http://www.sengokunosato.com/buffet.html

もちろん味も最高です。

 

だって、あのめんべいの「めんたい福太郎」の経営です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。