H27 補正 中小企業等の省エネ生産革命 3次公募における要件変更のポイント

本日は、午前中にももちパレスでの
SIIの補助金説明会に参加してきた。

平成27年度補正予算
中小企業等の
省エネ・生産性革命
投資促進事業費補助金

すでに、
1次公募、2次公募は終了している。

この補助金、本予算のエネ合と違い

工事費は対象外で
機材費のみが補助対象だ。

そのため、さほど人気がなく、
申請要件を満たして、書類に不備がない限り
ほぼ採択されたと思われる。

そのため、3次公募では

大幅に要件が甘くなった。

スクリーンショット 2016-07-26 17.23.51

残りの予算は265億円

公募期間は
平成28年7月29日(金) ~ 平成28年9月9日(金)

となっている。

変更点のポイントは

1事業所者あたり
3事業所までの制限がなくなり、上限なし

補助金限度額も
1事業者1億円から1.5億円に拡大

照明はLEDだけに限定されていたが、
無電極ランプも対象に

工業向けのFEMSだけでなく、
ビル向けのBEMSも対象に

空調機と給湯器の
付帯設備も一部対象に

最も注目の変更点は
産業用モーターの追加だ。

産業用モーターは
モーター単体、ポンプ、
圧縮機、送風機に含まれる。

そして

申請書類に不備がないものは
早めに採択を発表する

と説明された。

1次2次公募では、見積もりができる前に
ポータルに登録された方が多かったらしく、

最終的な見積もりと
ポータルの機種、数量が合わない
申請書が多かったそうだ。

補助金の申請書類作成には、
マンパワーを要するので

我々もどの程度
お手伝いできるかわかりませんが、

省エネ設備投資をお考えの事業者の方
営業先行で書類作成の人員が不足している工事会社の方
からのお問い合わせをお待ちしています。

SIIのページ
https://sii.or.jp/kakumeitoushi27r/shinsei/note.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。