L2-Tech導入拡大推進事業は期待外れなのか 説明会の日程決まる

環境省の平成28年度
二酸化炭素排出抑制対策
事業費等補助金
(L2-Tech導入拡大推進事業)

の補助事業者(執行団体)である
公益財団法人北海道環境財団
のホームページに

説明会の予告が出た。

今回は、ちゃんと広島でも
開催されるようなので安心した。

他は、東京、名古屋、大阪、
福岡、仙台、札幌 の計7か所。

距離感を考えたらこれがベストじゃろ。

北海道の㈶

http://www.heco-hojo.jp/l2tech-information-session.html

ネットの時代になっても、
やっぱり説明会は現場でやってほしいものだ。

国の補助金の執行団体は、
入札の仕組みで受託者が決めれれるが、

これまでは、
東京にある組織(会社とは言えないので)が
採択されていた。

ところが、

地方創生のためなのか、
どっかから批判されたのか知らないが、
今回は北海道の財団が選ばれている。

しかし、このL2-Tech

これまでの省エネ補助金と違って、
機種もメーカーも限定されるようだ。

だから、
なんでもかんでもCO2削減なら
OKという訳じゃないみたいだ。

その点では、
少し残念であるが、
同じような補助金では予算が取れるはずもない。

しかし、
我々省エネコンサルタントにとっては、
新しいルールの補助金が出るたびに、
分厚い公募要領を読み込まなければならないので、
採択数が少ない補助金は困りものだ。

詳しい内容は、
現時点ではよくわかっていないので、
説明会の後、報告します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。