エアコンメーカーが教えない”真夏の省エネの基本”

今日もうだるような暑さで、
エアコン全開のご家庭が多いと思う。

一時期話題になった、

エアコンをつけっぱなしにした方が省エネ。

この話は、コンクリートのマンションに限る。

コンクリートは蓄熱作用があり、
一旦温まったら、冷えにくいのと同じく、
一旦冷えても、温まりにくい。

マンションの暖かい部屋に、
いきなり冷房を入れても、
最初は、コンクリートが冷やされるのに
エネルギーを消費する。

エアコンメーカーはエコナビとか言って
省エネタイプのエアコンを売り込んでいる。

しかし、一番肝心なことは、

部屋の熱環境にある。

南側でカーテンなしの窓の多い部屋だと、
いくら冷房しても、
どんどん熱が侵入してくる。

だから、
エアコンは常にフル回転。

逆に北側で、
カーテンを閉めて
ペアガラスなどの断熱が
しっかりしていれば、

ある程度冷えたら、
あとはアイドリング運転。

省エネルギーセンター資料より

省エネルギーセンター資料より

エアコンの効率が一番悪い空間は
クルマの中

常に冷やし続けていないと、
外の直射で屋根の鉄板がフライパン状態、
だから、
エアコンを止めると70度以上にもなる。

絶対に子供を置いて買い物はダメですよ。

実は、オフィスも建物の構造が
夏の省エネに一番大切なのである。

もう一つ忘れてはいけないことは、

朝、外の気温が、
室内より低い場合は、

窓を開けて、
空気を入れ替えることだ。

ただし、
タワービルで窓が開かないオフィスじゃできませんけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。