電力業界は冬の時代へ

      電力業界は冬の時代へ へのコメントはまだありません

かっての日本人の生活には
電気と言えば、まさに電球ぐらいで、

いまでも
「電気を付けて」と言えば
明かりをつけることを意味している。

冬場には、
暖をとるために燃料を使っていた。

私の子供時代は
こたつ用の練炭があって、
一酸化炭素中毒で死ぬ人も多かった。

それが、昭和45年ぐらいから
一般家庭にも
空気調和機(当時はクーラー)が
普及しだして、

夏場の電力使用量が一気に増えた。

東京電力の資料より

東京電力の資料より

震災前までは、電力不足は

夏場の午後2時

がピークだった。

それが、FIT施行により
太陽光発電が爆発的に増えて、
夏の電力不足は緩和されつつある。

まだまだ、太陽光は増えるので
これから心配なくなるだろう。

曇りの日はエアコンの負荷も小さい

しかし

今度は冬場の夕方の電力が危ない

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-27-20-56-55

暖房の手段が
灯油やガスから電気に変わっている。
それが大きな原因だ。

太陽光は夜は発電しない。

冬場の暖房を燃料に戻すべき
たとえ省エネでなくても
電力不足を起こさないために。

冬場は企業が残業を減らす
というのも
良いかもしれない。
官公庁は年度末が忙しいので
年度末を6月にする
のも手じゃないか。

電力業界の最重要季節は

冬の時代なのだ

新電力立ち上げの仕事します

新電力立ち上げの仕事します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。