地域省エネ相談地域プラットホームは中小企業の省エネの家庭教師

本日は、
岡山県倉敷市の児島に

エコ技術士ネットの実施する

省エネ相談プラットフォーム事業による
省エネ支援活動の発表会

に出かけて行った。

会場は児島

会場は児島

この事業では

中小企業の省エネを
現場に訪問して指導する

支援回数は

年間20人回(二人だと2回分)

となっている。

二年目以降も
年間に10回の支援が可能だ。

対象事業者の業種は
製造業、ホテル、ショッピングセンター等
様々である。

今年度は、岡山県と山口県で
スタートされたそうで、

来年は広島県も加えるそうだ。

内容が盛りだくさんで専門性の高いセミナーでした

内容が盛りだくさんで専門性の高いセミナーでした

この事業は
自治体の協力が必須になっており
私も広島市や広島県に働きかけたが
賛同を得ることができなかった。

その時のお断りの理由は

当時は補正予算だったので、

補正予算の事業に乗っかると
国の事業が単年度で終わった場合
その後は、
市の単独予算で続けなければならない
そんな余裕はない。

ということだった。

その後、
省エネ相談地域プラットホーム事業は
本予算になり、
最低でも3年は続くことになった。

倉敷の(一)エコ技術士ネットは
技術士の集まった社団法人なので
行政の協力は得やすいのかもしれない。

ただし、
この事業で利益を出すことはできない
国からの補助は専門家の日当と旅費だけ
だと思う。

現実には、
大企業のOBの食い扶持までは
ならないのかもしれない。

それでも、

この
省エネ相談地域プラットホームは

技術者が社会貢献し
生涯現役で仕事をする場として
経験と技術を生かすことができる。

我々グリーンテクノロジーは
彼らと組むことで
知識と経験を得ることができるなら
積極的に協力していきたい。

代表の栗原さんが

ベテランの方が多い反面
情報システム系の知識が
弱いと言われていたので、

そこは私が
最も得意とするところなので
貢献できるだろう。

児島のゆるキャラ Gパンダ

児島のゆるキャラ Gパンダ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。