残念な省エネとは➡補助金採択の決め手

省エネ設備改修で
いちばん相談が多いのは

LED照明への取り換え

そもそも
照明器具は蛍光灯であっても
運用上は何も困ることはない

オフィスのレイアウトは国によってかなり違う

しかし、

水銀条約で
2020年には使用禁止になるとか
もう蛍光灯は製造されない。

という話もあるので、

今年に入って
あわてて補助金を調べている

という会社を
パートナー企業から紹介される。

本来、
LED照明の入れ替えは
何らかの補助金が
受けれれる場合が多い

しかし、

現場に行ってみると

部分部分の照明が
すでにLED化されており、

空調設備も毎年少しづつ
更新されている。

そうなると

省エネ補助金の採択は
厳しい。

中小企業は決算で利益が
出過ぎないように
少しづつ設備投資するのが賢い

と思われている。

ところがそうなると、
省エネ率で採択の可否が決まる
補助金はもらえない。

残念な省エネに
なってしまう。

事業所のエネルギー設備の
更新計画をお考えのあなた。

各省庁の省エネ補助金の
公募は春先に集中してます。

今年こそ

省エネ補助金に
チャレンジしよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。