補助金の省エネ計算は専門家にまかせろ

世はアベノミクスで低金利時代

お金を借りても、
金利は僅か

そんな時に
リースをする意味があるのか?

先日、
弊社に相談があった案件は

リース会社が
補助金申請をしてくれるハズだったが

省エネ率が不足しているので
断られた

という話だった。

リース会社にすれば

リースを使うことを条件に
補助金申請の一切を請け負うことで

本業のリースの案件を
増やしたい

しかし、

採択されなければ、

その手続きの人件費どころか

リースの利用そのものがなくなる。

だから、

絶対確実な案件にしか
手を出さない

省エネを概算で
20%を切る案件は

すべて断る

という方針のようだ。

ただし、

その計算シートを
見せてもらったら

あまりにも安直な方法

それはそのハズ

設備の技術者や
省エネの専門家が
精査したものではなく

営業マンが

パターン化した
計算をやっただけ

これは

精査すればイケるかも

その根拠はこちら
今年から、
新しい計算式が使える

生産量が増えれば省エネになる

と感じたので

この案件

環境技術コンサルタントの

グリーンテクノロジーが
引き受けることにした

その申請書の作成は
今週が勝負だ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。