CO2削減ポテンシャル診断推進事業はH30年度も継続

環境省の概算要求の資料は
事業名の大枠しか掲載されていないので

温暖化対策関連の事業は

二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金

の中の個別の事業に
どれくらい予算がついているのかわからない

概算要求の見出しには
CO2削減ポテンシャル診断の文字はなかった。

ところが

環境省の報道発表資料に来年度の

CO2削減ポテンシャル診断推進事業

に係る補助事業者(執行団体)の募集について

というお知らせが掲載された。

 

予算:17.0億円
(現在、平成29年度予算案に計上されている額)

となっている。

今年の診断事業の件数は

応募件数

採択件数

1,131

1,047

大雑把に半分が診断事業で

残りがハード支援というところだろうか?

巷の噂によると
このCO2削減ポテンシャル診断推進事業を
一社で200件も実施している診断機関があるらしい、

我々は20件でも、(スタートは実質9月なので)
この2か月は現場調査に明け暮れている。

200件なら
最低でも10チーム以上が動かないと不可能だろう。

調査の予算は、
交通費などの経費を含めて補助の上限は100万円、

とても下請けにだせるような内容じゃない。

診断業務は、
省エネに関する総合的な知識と
経験がなければ対応できない。

また、
現場の経験だけでなく、
パソコンのデータ処理能力も必要だ。

技術的に高度なスキルが必要。

200件も受けた会社に
どんだけ技術者がいるのか?

そのあたりは私にも想像がつかないところだ。

執行機関の公募期間は

平成29年1月16日(月)
~平成29年2月22日(水)17時

来年は、早めに採択してもらいたいところだ。

9月スタートだと実質3か月程度ですから

なお、本公募は、平成29年度予算の成立が前提となるものです。

と書き添えられている。

対象は非営利法人となっていて

実績が重視されるので

不祥事がない限り今年度と同じであろう。

公共事業はすべての委託先は、
入札で決められるが

事実上は、
役所の意中の先があるものだ。

このやり方なら随契と変わらない。

日本独自の

本音と建て前

の世界だ。

いずれにしても

グリーンテクノロジーは

広島福岡を拠点に
依頼があれば

どこでも

クルマで行ける所なら

無料で

国のお金で

省エネ診断させていただきます。

3 thoughts on “CO2削減ポテンシャル診断推進事業はH30年度も継続

  1. 小野村一博

    茨城県で診断機関をやっています(株)エナジー311の小野村と申します。
    貴重な情報を有り難うございます。
    20件というのも凄いですね。弊社は今年4件で、キャパとしても7月くらいから動けたとして7~8件がせいぜいです。

    概算要求では「CO2削減ポテンシャル診断」の文字が見えなくてLCEPにも電話してしまいました。
    ちなみにタイトルは「H30年度も継続」ですね。

    今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

  2. morishita Post author

    返信遅くなり申し訳ありません。
    うちは全部計測アリで、フル稼働でした。
    この事業で来年度の申請に必要な資料も作るというスキームです。
    ポテ診の補助金は採択率が低すぎて、他も考えています。
    こちらこそ、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。