廃プラスチックのリサイクル設備に1/2の補助金

廃棄物3R財団のHPに

平成29年度
省CO2型リサイクル高度化設備導入促進事業
の第三次公募について

がアップされている。

中国政府が本年12月末から生活由来の廃プラスチックの輸入を禁止することとしているため、これまで資源として中国に輸出されていた廃プラスチックが国内で処理せざるを得なくなることが見込まれています。
公益財団法人廃棄物・3R研究財団では、環境省から平成29年度省CO2型リサイクル高度化設備導入促進事業の交付決定を受け、使用済製品等のリサイクルプロセス全体のエネルギー起源二酸化炭素の排出の抑制及び再生資源の回収効率の向上を図るための技術を導入する事業のうち、プラスチックリサイクルの高度化に資する設備を導入する事業に対して、補助金を交付する事業を実施しますので、以下のとおり補助対象事業を公募します。

1.事業の概要.

 「省CO2型リサイクル高度化設備導入促進事業」は、省CO2型リサイクル高度化設備を導入することによって、使用済製品等のリサイクルプロセス全体のエネルギー起源二酸化炭素の排出抑制及び資源循環を同時に推進することを目的としています。

. 今般の公募は、中国の廃プラスチックの輸入規制を受けて、国内資源循環の確保に向けて、プラスチックリサイクルの高度化に資する設備を導入する事業者を募集し、当該設備の導入費用について、1/2を上限に補助します。

2.公募する補助対象事業.

公募する補助対象事業は、次の1つの事業です。

・プラスチックリサイクル高度化設備緊急導入事業

.ペットボトル・容器包装プラスチック等の廃プラスチックの高度なリサイクルに資する異物除去、選別、洗浄及び原料化設備並びにその他設備を導入する事業であって、国内資源循環が安定的に見込めるものであること。

3.公募実施期間

.平成29年11月22日(水)~12月22日(金) 17時必着

画像をクリックするとHPへ

実は昨年度、
グリーンテクノロジーは

某事業者の廃プラスチックの
リサイクルの構想業務の補助事業を手伝った。

その際、報告書に

補助率1/3では採算が合わない
補助率1/2であれば、採算がとれる

と書いて、
事業シミュレーションを示した。

その報告書が
影響したのかどうかはわからないが、

今回は、

補助率1/2にアップしている。

廃プラスチックは

近年、
中国へ代替燃料として輸出されていた。

しかし、
中国国内の大気汚染対策や
温暖化対策が強化され

国外からの
廃プラの持ち込みが禁止される。

そうなると
国内で処理しなければならない。

私は、環境コンサルタントとして

廃棄物

生態系保全

温暖化対策

のすべての業務に携わってきた。

この分野の補助金については

他に
できるコンサルタントは少ないと思う。

興味がある方はご連絡を

2 thoughts on “廃プラスチックのリサイクル設備に1/2の補助金

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。