刑務所から省エネ診断の引き合いがきました

今年度のプロジェクトも大詰め、

省エネ設備の補助金の案件も

改修工事が終わり、
着工済み写真の撮影と完了報告書の
作成に取り掛かっている。

また、
環境省のCO2ポテンシャル診断の方も
昨年中にすべて診断報告書を提出し、

既に、
来年度の案件の引き合いもきている。

その中には、
広島の地元の刑務所っていうのもある。

数年前に脱獄事件がおきて有名になりました

 

刑務所は国の機関で、
法務省の管轄

以前、
省エネルギーセンターに
省エネ診断を申し込んだそうだが
民間施設ではないので断られたそうだ。

刑務所が
環境省のCO2ポテンシャル診断の
補助が受けられるかどうか

診断機関である
LECPに問い合わせてみたいと思う。

どれだけエネルギーコストがかかっているか興味津々

省エネ設備改修のターゲットとしては
刑務所も宿泊施設と同じように
お風呂があり給湯設備があるので

熱と電気の両方で
エネルギーコストの

大きな削減が提案できそうだ。

今年度の補助事業は最後の
補助金の交付手続きに入っている。

診断事業を完了された補助事業者は、完了実績報告の手続きを行う必要があります
完了実績報告書作成につきましては、交付規程及び交付規程様式完了実績報告の手引き等を熟読のうえ、完了実績報告書(交付規程様式第10)を作成して提出してください。

補助金の交付を受けるためには
最後に完了実績報告書を
提出しなければならない。

 診断を希望する事業者の方

安心してください。

その報告書は
診断を受けた事業所が
作成することになっていますが

中身は
診断機関である我々が作成します。

今後の流れとしては

診断結果を元に、
省エネ設備改修の見積もりを取って

対策ごとに
詳細な費用対効果を算出し

これから公募が始まる

どの補助金を狙うか

を検討していきます。

省エネ設備改修の補助金を
利用するためには

1年前から
CO2ポテンシャル診断の補助を利用して

詳細な検討をすることを
お勧めします。

診断費用にも補助金が出ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。