補助金申請は地元のコンサルにまかせろ

今日は朝から
山口県の周南市の
社会福祉法人に打合せに出かけた。

数日前から

古いエアコンを補助金で買い替えないか

東京の会社から営業の電話が
数件かかってきているそうだ。

たぶん、

平成29年度補正予算

省エネルギー設備の導入・運用改善による
中小企業等の生産性革命促進事業

公募期間

平成30年3月20日(火)~
4月20日(金)※17:00必着

の営業の電話である。

東京の会社は
山口県まで打合せに来るのだろうか?

おそらく、
社会福祉法人の名簿を手に入れて
手当たり次第に電話しているのだろう。

その東京の会社が

補助金の申請も全部自社でやるので
エアコンの改修工事をさせてほしい

と言っているらしい。

2号線の食堂で昼飯、たべすぎました。

エネルギー設備は
設置工事だけでなく、

メンテナンスや保守が重要

そのためには
地元の工務店や
メーカーの支店営業所との連携が必要になる。

東京から
営業して
受けた仕事を
地方の会社に紹介して儲ける

という
ビジネスモデルはやめてもらいたいぜ。

田舎もんが東京の会社と言えば
ありがたがるのも問題だ
特に広島市役所にその傾向あるぜ。

 

グリーンテクノロジーは
オフィスビルの中ではなく
現場で仕事する会社です。

省エネ診断の申込はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。