2018年 省エネ関連補助金 公募期間一覧

いよいよ、

平成30年度
エネルギー使用合理化等
事業者支援事業

の公募期間が発表になり、

今年度の省エネ関連の補助金の
公募がほぼ全開状態になった。

国の補助金は年度予算なので
各省庁とも春先に公募があり、
年度内に完了する。

そのため、
今の時期に申請業務が集中する。

補助金は申請出来たとしても
必ず採択されるものではないので

案件ごとにできるだけ採択の確実な
補助事業に申請したいものだ。

一応、二重での申請は禁止されていないが、
応募書類に他の補助金への申請状況を
記載しなければならないので、

不利になると思われるし、
二つ採択されても、
一つは辞退しなければならない。

実際のトコロ、
ダブル受験の事例を聞いたことがないし、
我々も経験しことはない。

一つの補助金の申請書を作成するだけでも、
多大な労力を要するからだ。

省エネ補助金には様々な種類があり、
業種による有利不利もある。

クライアントの方は、公募の案内を見て、

単純に補助率の高い補助金

を希望するが、

予算や、
昨年までの採択件数を勘案すると、
どれもが同じ条件ではない。

環境技術コンサルタントとしては

クライアントが

こちらの意見に
従ってもらえる場合のみ

成功報酬で仕事を請け負う。

しかない

落ちることを承知で申請するなら、
受託業務として

申請書1ページいくら

で請け負うしかないのである。

グリーンテクノロジーでは、

省エネ関連補助金 公募期間一覧

を作成しています。

ご希望の方は、
グリーンテクノロジーの
ホームページからお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。