省エネ補助金は建て替えでもOK

今週初めは、
省エネ補助金の関係で福岡の
某施設の現場視察に伺った。

都市部の施設の場合は、
既存の設備の撤去が難しい。

屋上に大型の室外機が設置されている場合、
クレーンの進入路を確保できるか?

省エネ補助金は既存設備の撤去に対しては、
補助対象外なので、
あまりコストをかけたくないというのが本音だ。

一般的にビルの寿命は50年程度とすれば、
空調設備は2回更新することになる。

これまで、
様々な施設に調査に伺った。

競争の厳しい業界ではコストを切り詰め、
古い設備が撤去されずに、
埋め殺しになっている場合もある。

当初は余裕のある屋上のスペースが、
稼働していない古い機械で埋め尽くされている

という事例も見てきた。

新築から15年ぐらいの最初の更新の時はそれでもいいが

築35年ごろの2回目の更新の時は、もうスペースがない。

建築物のライフサイクルを考えると、
都市部の商業ビルは40年ぐらいで
建て替える方がいいのかもしれない。

それには容積率の緩和も関係する。
建て替えで高層化する事例も多い。

省エネの補助金には
建て替えも対象になる事業もある。

その場合でも増エネはダメだ。

 

また、単年度事業では無理なので、
複数年の計画で申請する必要がある。

年度予算の補助事業では、
鉄骨のプレハブ建物ばかりが採択されるのは、
そんなことにも要因があるのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。