ワールドカップでエネルギー大国が対決(ロシア×サウジアラビア)

昨日からワールドカップが開幕した。

開幕戦はロシアとサウジアラビア

先日の仰々しい
アメリカと北朝鮮の会合と違って

サッカーを観戦しながら
大国の元首が並んで座っている。

サウジとロシアは親交が深いようで
プーチン大統領と
サルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ国王

最初は和やかにしていたが

ロシアの3点目には
サルマーンが両手を広げて

なんてっこったのポーズ

そして、

終了間際に5点目が入り、
今度はプーチンが

サウジの国王はやれんぜ

両手を広げて、なんてっこった

このやり取りが、
サッカーの試合より面白かった。

この両方とも

エネルギー大国

石油や天然ガスを売って
外貨を稼いでいる。

それから、
考えると

わが日本は
化石燃料のほとんどを
外国から買っている国

省エネと
再生可能エネルギーの技術力

これに全力を注ぐしか、
未来の生きる道はない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。