賃貸アパートのリフォームもOK 平成30年度 次世代省エネ建材支援事業(二次公募)

今年の広島の夏は厳しい

7月6日にドカッと雨が降り過ぎて
その後はほとんど降らない。

夕立ちもないので、
夜も熱帯夜だ。

昔は風が抜ける家が
過ごしやすいと言われていた。

しかし今では、

オールエアコンライフ

できるだけ冷熱を
外に逃がさない方が快適である。

寒さよりも
暑さ対策の断熱が求めらている。

国も断熱リフォームを推進している。

平成30年度
経産省による事業

省エネルギー投資促進に向けた支援補助金
次世代省エネ建材支援事業

一次募集で申請が少なかったようで
二次募集は要件が甘々になった。

最低金額が下げられた

自宅をリフォームしたい方

賃貸アパートをリフォームして
空室を埋めたい方

どちらもOKだ。

申請者の対象は

補助対象となる申請者等
本事業で補助対象となる申請者又は物件は、以下の①又は②いずれかを満たすものとする。

① 戸建住宅又は集合住宅の居住者
A) 申請者が常時居住する住宅であること(住民票に示す人物と同一であること)。
B) 申請者が所有していること(所有予定を含む)。
C) 専用住宅であること(店舗等と居住部分が同一住宅の場合、エネルギー(電気・ガス等)を分けて管理できて
いること。及び断熱工事においても区分されていること)。

② 賃貸住宅の所有者(個人・法人どちらでも可)
申請者が当該建物を1棟全て所有していること。集合住宅の場合、改修箇所は1戸からでも可とする。

となっている。

補助率等は

補助率、補助金の上限額・下限額、補助対象経費について
① 補助率
補助対象経費の1/2以内とする。

② 補助金の上限額
戸建住宅 : 1住戸当たり200万円
集合住宅 : 1住戸毎に125万円

③ 補助金の下限額
戸建住宅、集合住宅 : 1住戸当たり20万円

④ 補助対象経費について
• 補助対象経費の合計は1住戸当たり40万円以上であること。

 

ただし、

申請するためには
様々な書類の提出が必要で

施主が自力で準備するのは困難だ。

リフォーム業者で
申請までサポートしてくれる
業者がどれくらいいるだろうか?

リフォーム業界は
小規模事業者が多く、
資料作成が不得手のところも多い。

リフォーム業者の方
グリーンテクノロジーと
コラボしませんか?

〆切は近いが
来年以降も続けられると思うので
今から準備しておいて損はない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。