太陽光発電業者 次の一手はZEH/ZEB

太陽光発電のバブルが終了し、
いわゆるメガソーラーの新規開発は無くなった。

しかし、全国には
太陽光発電事業に参入した工事業者は多い。

再生可能エネルギーの普及のためには、
FITに代わる制度を作る必要がある。

経済産業省の
省エネルギー投資促進に向けた支援補助金
総額で600億の予算があり、
その中身は旧来の
エネルギー合理化等事業者支援補助金

FITからの自立を目指した更なる住宅のゼロエネルギー化(ZEH+)を支援

というZEH/ZEB補助金である。


従来の省エネ補助金は、
設備の置き換えでしか適用されなかったが、
こちらの方は新設でもOKである。

住宅と建築物(業務用)が併記され、
同じ執行機関が行うため、その内訳は不明だ。

最近の予算書は、
複数の補助事業をまとめて、
一つの予算項目にしているので、

役人の裁量が入りやすい反面、
一般人にはとても分かりにくくなっている。

ZEH/ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス/ビル):大幅な省エネを実現した上で、再生可能エネルギーにより、年間で消費するエネルギー量をまかなうことを目指した住宅/建築物

要件として、
エネルギー管理システムと高度な断熱が必須となっていて、
電気工事だけでなく建築も関わってくる。

大手ゼネコンは、
すでにZEBに向けてZEBビルダーの登録も行っている。
しかし、中小の業者は、
一社でエネルギー設備と建築をカバーすることは難しい。
これは複数の事業者が協力して取り組む必要がある。

グリーンテクノロジーは
省エネコンサルタントとして、
次年度のZEBプランナーの資格取得に向けて、
取り組みます。

広島、福岡の施工業者及び建築事務所と
アライアンスを希望します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。