高級温泉旅館のエネルギーコストを削減せよ

昨日は、山口県の方の紹介で温泉宿に伺った。

この施設は、露天ぶろ付きの温泉宿で、
純和風の建物にわずか9部屋だけの高級旅館である。


建物の周りは山に囲まれ、庭園がライトアップされている。
そして、ロビーや廊下から庭園を見渡せるように、
壁がすべてガラス張りになっている。

全館冷暖房のために、
3階建ての施設にもかかわらず、
巨大な灯油炊きの吸収式冷温水器が設置されている。

ガラス張りということは
常に熱は外に逃げているわけであるから、
エネルギーのロスは甚大だ。

ラグジュアリーとデザインだけを考慮して設計された高級旅館である。

その結果、
毎月の燃料代と電気代の合計は200万円を超える。

すでに竣工から20年が経過し、
設備の老朽化が目立ち、更新の時期を迎えている。

たった9室の温泉宿としては、
そのエネルギーコストを削減し、経費を削減したい。

空調設備を油から電気に変えると、
受電設備も変更しなければならないし、
配管もすべてやり替える必要がある。

しかし、
夜間使っていないレストランや宴会場の空調は止めたい。

ロビーには不思議な音響装置がそびえる

グリーンテクノロジーは
電気もガスも油も売っているわけではないし、
設備工事を請け負うわけではない。

だから、選択肢は無限大であり、
設備工事費とランニングコストを
シミュレーションして提案させてもらう。

もちろん補助金も考慮する。

その時、肝心なことは何年のスパンで比較するか、
ということだ。
20年間のスパンと
5年間のスパンでは答えは変わってくる。

これだけの施設であれば、
エスコということも考えられるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。