集客施設の指定管理者制度が最悪な理由アルカディア温浴廃止

中国新聞によると
廿日市市のアルカディア・ビレッジが取り壊しになるそうだ。

今ある宿泊施設や温泉を取り壊して、広場にする

ここは自宅から近いこともあり
何度も訪れたことがある。
先月も、
所属する読書クラブの合宿(宴会?)で宿泊した。

そこでは驚きの現状を発見した。
なんと、
浴場のシャワーや蛇口が老朽化して
お湯が常時噴出していた。

おそらく、
修理するお金も使えない惨状で
エネルギーコストの事を
考える余裕もないのだと感じた。

この施設は、
廿日市市が1998年5月に開業し、
01年には15万1千人の利用者があったが、
年々利用者は減少し、低迷が続いていた。

春は桜が綺麗です

途中から指定管理者制度を導入し、
民間経営になった。
しかし、
運営業者が大赤字で逃げ出すという事態を招いた。

最近は、地元の観光産業の雄である
東洋観光グループの運営と聞いた、
それでも赤字は止まらなかった。

市役所の担当者は、不採算の理由を
「近隣に民間の温浴施設が相次いでオープンしたから」
と述べているようだが、

根本的な要因は

老朽化した設備を
更新できなかったこと

に尽きると思う。

国が省エネ設備更新への
補助事業を進めているのに
なぜ、
市役所が無策であったのか?

実は指定管理者制度は
商売には最も向かない仕組みである。

その理由は、運営は民間企業で
施設の所有と管理は市役所であるため
蛇口一つでも、役所の許可がなければ、
変えることができない。

新築ならまだしも、
20年以上経過した施設であれば
設備の老朽化は避けられない。

設備投資と企業の経営は一体であり、
それを別の事業体がやることはできない。

オフィスビルのテナントとは異なり
集客施設では、設備投資をしなければ
来場者が減少していくことは確実である。

廿日市市もZEBにチャレンジすべき



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。