建築物の改修工事、補助金説明会の広島会場は?(怒)

最近の補助金の説明会
補助金の種類が多くなって、
制度もちょいちょい変更になるので

あれもこれも
出席しなくてはいけない。

とは言え、
広島は中国四国の中心都市
と余裕のよっちゃんで構えていたら
とんでもないことになりつつある。


「平成31年度既存建築物省エネ化推進事業(建築物の改修工事)」の第1回提案募集を開始します!
~既存建築物の省エネ改修工事に対する支援~

国交省のHPによると
上記の補助金の公募が開始されている。


公募期間
平成31年4月15日(月)~
平成31年5月27日(月) ※消印有効

今回の補助事業でのポイントは
躯体の改修面積の割合だ。

全体に対する改修部分
(ペアガラス等)の面積が20%であれば
省エネ率15%でOK

建物全体におけるエネルギー消費量が、改修前と比較して20%以上の省エネ効果が見込まれる改修工事を行うものであること。(ただし、躯体(外皮)の改修面積割合が20%を超える場合は、15%以上の省エネ効果とする)

実際の所、
エアコンと照明だけでは
20%の省エネは厳しい

15%と20%では大きな壁がある。

この補助金に申請するなら
改修面積を20%以上にすべきだろう。

昨年は散々な結果になった
国交省の補助金だが

新制度のエネルギー合理化に
申請が殺到するようなら
こちらの方がねらい目だ。

特に、エネマネ事業では難しい
医療法人、社会福祉法人の施設なら
こちらを狙う方が良い。

なぜなら、
補助金の上限が5,000万円なので
大口の申請は少ないと思われるからだ。

説明会の会場については、
広島市どころか、
中国地方では開催されません。

東京、大阪、名古屋、福岡の4会場です。

※グリーンテクノロジーは福岡にも事務所があります。

参考

平成31年度(第1回)既存建築物省エネ化推進事業の公募開始のお知らせNEW!

補助金申請の依頼
代理申請のお申し込みは


広島の 設備投資の補助金申請なら

グリーンテクノロジーまでお電話ください

050-

2018-0270

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。