大企業に補助金が必要か?ちょっと不利になったエネ合補助金

今日は広島市で

省エネルギー投資促進に向けた支援補助金

電力需要の低減に資する設備投資支援事業費補助金

の公募説明会があり、
グリーンテクノロジーの技術者2名が参加している。

今年度は、
大きく制度が変わった。

設備区分も機器の要件が厳しく

国としても、
特定の業界や企業に有利な制度を
続けていくことは

好ましくないと考えているのだろう。

この10年間、

大企業のチェーンストアがLED照明への更新で
毎年数十件も補助金に採択される

ということが続いていた。

また、
大企業の工場が
莫大な補助金を獲得していた。

中小企業も大企業も補助率は同じ、
費用対効果では規模の大きな設備ほど有利

という状況だった。

しかし、今回は大きく変わった。

大企業にとっては、

「この補助金はおいしくなくなった。」

という感じではないだろうか?

総事業費が大きくなればなるほど、
補助率の違いに敏感になる。

上場企業でも大企業じゃない会社もあり
大企業、中小企業の定義も古くなってますが

ところで、最近は
補助金コンサルが増えて

立派なホームページが沢山ある。

しかし、

技術系のコンサルはイメージではなく
技術的な知識と経験が一番大切だ。

だから

グリーンテクノロジーは
省エネ補助金の申請だけでなく

省エネ診断の現場で、
改修計画を提案することこそが
本業だと考えています。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。